ロードバイクで街中を走るときに注意したいこと

ロードバイクは普通の自転車と同じく、軽車両ですので車道を走らなければなりません。

よく言われるのが「車からみると自転車が非常に邪魔臭い」ということです。
普段から車を運転している方はよくわかると思いますが、車道を走る自転車を追い越すときはとても神経を使うので、とても大変です。
どれだけマナーを良く、気を付けて乗っていても、車のドライバーから見るととても厄介な存在なんです。

自転車に乗るライダーになるときは、車からどう見えているかを考えながら、車のドライバーに対して自分の存在、進行方向をはっきりと示しましょう。

怖いかもしれませんが、路肩ではなく路肩の白線の少し内側を走るぐらいの気持ちがベストです。
法律上、路肩は車道には入らず、走ると違法になります。
さらに車にはねられた小石やゴミが集まっている場所ですので、パンクのリスクが非常に高いということもあります。

また、公道を走る車両の一つとして、車のように右折と左折、停止の意思をドライバーに表すのも大切です。
言わば警察官がする手信号のような感じで身振り手振りをしましょう。

右折時には右手を右方向に指し、左折時は左手を指して表します。
停止は右手を背中に回して、手のひらを広げます。

自転車には指示器もブレーキランプも無いので、自分でやるしかありません。
手信号ができるライダーはとってもカッコいいので、是非覚えてはどうでしょうか。