サイクリングにはサイクリングに適した服装

スポーツ自転車に乗る際のウェアは、汗を吸わない化学繊維のものがおすすめです。
コットンなどだと吸水性があり、汗を吸い取ってくれますが、吸った汗が発散できません。
上り坂で汗をかき、下り坂に差し掛かると、その時に受ける風で体温を奪われて肌寒くなることがあります。
化学繊維のものだと吸水性は低いものの、汗を素早く発散し乾かすことができるので、おすすめです。

サイクリング専用のサイクルジャージだと、風を受けて袖がバタバタしないように絞り気味になっていたり、中身が落ちないように背中側にポケットがついていたりと、快適に走れるためのつくりになっています。
一昔前だとそのようなサイクルジャージは、自転車競技に携わるプロ選手のためだけのものでした。
いわばユニフォームで、デザインも派手で、趣味で自転車に乗るような人が着るにはとても抵抗があるものでしたが、スポーツ自転車が爆発的に普及し始め、乗る人が激増してきたため、シンプルな私服のようなサイクルジャージがたくさん登場しました。
長時間乗るとか、速く乗りたいというときには、是非とも試してみてください。